ケージの日々の生活や近況報告
『ワーウィ・ゾーウィ』
だいひんみん。
2014-05-24-Sat  CATEGORY: ミュージック
その後いろいろありました。
ここで書きたいことも書きたくないことも・・・。
書きたくても書けないことも・・・。

お袋、兄、オレ。
悪魔ジジイが一刻も早くあの世に逝ってもらうことを切実に祈ってる。
このまま生きられるとうちら生活できない。

落ちるとこまで落ちた大貧民。
あ~懐かしいトランプ遊び。
大富豪とも言ったな。

盤ゲームでは人生ゲームとかモノポリーとか。
テレビゲームでは桃太郎電鉄とかね。
当時は楽しかった。
簡単に何度もリセットできた。

今の若い子たちはまだやってるのだろうか、
っていうか知ってるのだろうか。
あの手の自己満の糞ゲーム。
今思うとヘドが出る。
まだ夢のある時代だ。

懐かしい漫画スヌーピー。
こんなんあったな。
ルーシーとのやりとり。
「時々あなたはどうして犬なんかでいられるのかと思うわ」
「配られたカードで勝負するっきゃないのさ・・・それがどういう意味であれ」
か・・・。

こんな酷いカードで勝負するのかぁ・・・。
神様、もう一度カード配り直してください!

何か起こらないかな。
バブル崩壊でも天災でも戦争でも・・・。
矛盾だらけの社会にはうんざり。
そろそろまたみんなでリセットしませんか。
このままだとほんと生活困るんです。
不謹慎で馬鹿げてるとお思いでしょうが。

ついでに思いついたこと書く。
このブログのタイトル「ワーウィ・ゾーウィ」。
昔から大好きだったアメリカのバンド、
ぺイヴメントの1995年発表のサードアルバムのタイトル。
今まで聴いてきた数々のアーティストのアルバムの中で
最も衝撃を受けた作品かも。とにかく傑作なんだ。
これに出会ってなければ音楽なんてとっくに止めてたかもね。
これ以前の作品はとにかく音もスカスカで
聴衆をおちょくっているかのような演奏。
でもオレは魅了され心を強く動かされた。

ローファイって言葉では片づけられない。
聴けば聴くほど奥深くて麗しい世界。
とても神経質で繊細な詞とメロディー。
ふざけるようにわざと仕向けている。
そして人間社会そのものに絶望しているような。
リーダーのスティーヴン・マルクマス。
きっと愛されて育ってない。
強がりでプライドも高い。
歪んだ性格で開き直っている。
がんじがらめのややこしい環境で育ったとも
勝手に想像してしまう。

オヤスミロックンロールの時代よ。
もうロックは必要ないんだから。
いいこと言ってるよ。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2014/05 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 『ワーウィ・ゾーウィ』. all rights reserved.