FC2ブログ
ケージの日々の生活や近況報告
『ワーウィ・ゾーウィ』
2018の締めくくり。
2018-12-27-Thu  CATEGORY: ダイアリー
あの頃は良かった...なんて。
一部例外を除いて殆どの世代が思うこと。
ずっとずっとずっーと...昔から。
それで救われている人多いんじゃない。
人間は歳をとるとそういう気持ちが強くなるもの。
個人的だがオレにとって大学時代は
毎日が充実しキラキラ輝いていたと思う。

今となっちゃ他人にどう思われているかなんて
どうでもええ話。家族持ってないから余計にね。
世の興味、流行、格差、モラル、技術の移り変わり。
その時代の状況状況で国は無茶な制度や法律を
否応がなしで強制的に庶民の生活にぶっこんでくる。
糞な国だよ。

人はとりあえずはスタート地点世間体を気にするだろう。
祖父母世代、親世代、オレら世代、子の世代。
それ以前もそれ以後もずっとやね。
結局自分が自分らしく素直に生きられたらどんなけ幸せだろう。
周りの環境もその生き方を後押ししたり応援してくれたり
アドバイスくれたり悩みを聞いてくれたり認めてくれたり助けてくれたら。
人生、運や縁や出会いって本当大きいよね。

先を予知できないのが人間。
とにかく同じ過ちを何度も繰り返し
見栄っ張りで自分勝手で独断と偏見で行動をとる。
あー言えばこう言う。
正当を訴えようとすれど何も変わらんことばかり。
だって相手も正当、何が正当なのか分からんもん。
そう、さっきも言ったが先を予知できないのが人間だ。

オレは若い頃世間体に真向歯向かっていた。
今思うと家族や身内に牙を向いていたのかもしれない。
今までの縛られた人生に新しい風を吹かせ、
分断してる家族や糞音楽業界へのアンチテーゼとして
一泡吹かせたかったのだろう。
人を楽しませ自信と個性を出し
オレをずっと否定してきた身内を敵視し
流行とは逆行するスタイルを貫き東京へ向かった。
それは相当自虐的な賭けだったと思う。
かなり無理した選択で飛ばしてた。
マイノリティーなのは知りつつ自己の勝手な秘めたるパワーを信じて。
若いから身体の体調のことなんかは全く気にするはずもないし。

人のやらないことを率先して無茶をしたり、
今なら警察沙汰になることもも多々あったかな。
オレを知っている奴なら分かると思うが
それが当時のオレとしての好奇心をくすぐってた。
サブカル野郎として気狂い的な音楽も追及した。

承認欲求・自己顕示欲を満たしたい。
その気持ちの強さがあまりにやらかしてしまった屈辱人生。
なんだろう、意地もあったしいらないプライドもあった。
今思うと若いって羨ましいけど怖いな。
でもそれら全ていい経験だったとは思う。
昔話を少しさせてもらった。
今更おっさんが何グタグタゆっとんねん。

今リサイクル業者で働いているが
来月から障がい者児童の施設でも働くことになった。
爺や婆の相手は本当にしんどい。
国に言いたい、給料上げるのも当然のことだが、
それよりも働くスタッフを増やせっつーの!
働き手が少な過ぎる。足りなさ過ぎる。
なんでも金で解決する問題じゃないからな。
何でも後手に後手に回しやがって。
今もそうだが今後もっともっと恐ろしい時代がやって来る。
少子高齢化を基準にもう他人ごとではなく
真剣に考えろ、糞な政治家ども。
あー首が痛ぇよ。(>_<;)

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
このままじゃ終わるで。
2018-11-16-Fri  CATEGORY: ダイアリー
最近、そだねーのロコソラーレやYouTuberのカジサックや、
昔のブリティッシュインベイション(労働者階級的バンド、
WhoKinksなどサブカル的ロックミュージック)等を
何故か強く共感する自分がいる。
それはオレにとっての原点であり多少なり癒しになっている気がする。
この呆れた現実で生きてく中で...。

少子高齢化、老老介護、格差社会、孤独死、
インフラの老朽化、環境の変化、空家の増加…。
バブル崩壊後、失われた20年から現在まだまだヒートアップ中~。

オレは平和(ってそもそもなんやねん)に結びついてるとは思わないが
今のITやSNS等非人道的媒体且つ無機質なデジタルグローバリズムは
果たして今後の未来にそんなに必要なのか?素敵なものなのか?
いろんな角度で考えるとその分野が発展することで
世界での様々な争いや破滅がさらに過熱するような気がするのはオレだけか?

科学や医学、更なるiTやAIの進歩によって
必ず報われる人と報われない人の差ができるのは変わらない。
誰かが儲かれば誰かが破綻するってのも同じだ。
どんなに正義ぶっても平等なんてもん無いんだから。

この民主主義?というインチキな理想をモットーにする社会で
戦争放棄を掲げる日本、また人間全ての命は尊いものだと
糞のような主張をする偽善大国日本はずる賢いアメリカ、中国、
ロシア等と対等に上手くやれるかね?
このままでは厳しいやろな。また丸め込まれて利用されて終了。
戦後日本人はどんどん大人しくなっちまったでよ。

人は公平ではない。階級制も仕方ないのだろう。
努力や頑張りやそれによる美談も全部ひっくるめて。
器用な奴は器用。不器用な奴は不器用。
障害や病気や怪我、生まれ持った資質や育ちや環境もさ。
人類は知恵をつけ煩悩を抱き始めた何百万年も前から
本質変わらない。動物の世界と同じ弱肉強食だ。
同じ地球という自然界で生きる者に与えられた宿命だな。

オレたちの住む地球の全ての生命体は所謂「天国」という「地獄」から
この世に生を受け、この世に修行しに来てるのだと思う。
何れは必ず、はいお疲れっす!でバトンタッチ?よ。
誰もが何もがいつかは必ず死ぬし常に悲劇とは隣り合わせ。
今日かもしれないし、明日かもしれない。
ま~気楽にやろうや。

この世に歴史があり進化があり文明があるのは
少しでも「生命」に希望を持たせるためだとオレは思う。

ザフーの1979年公開のドキュメンタリー映画「The Kids Are Alright」 ←CLICK
小学生の頃、藤が丘にあった近所のビデオレンタルでヘビーローテーションで
借りては返してを何度も見繰り返したロックの超名作映画ですわ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
理想と現実。
2018-10-11-Thu  CATEGORY: ダイアリー
無知と噓で塗り固められ調子づいた国家、

人間の傲慢な理想を推しつける時代にオレは教育を受けた。

世間体を気にするとか他人と比較するとか高い点数取るとか。

とにかく個性を疎外する時代だった。

そして殆どがアナログの機能や娯楽。

今の教育現場ではありえないことだらけ。

昨今の学生さんの真理は如何に?

ツイッター、ライン、ユーチューブ、インスタ、AI・・・なんか孤独産業がえらい進化してんな。

空き地でチャンバラごっことかポコペンとか手打ちとかするのかな。

で、絶対的な存在であった親、先生、政治家・・・それこそ国総出で、

皆理由も根拠もなく騙し騙しで、

あたかも過去の戦争で全て悟ったかのように

大人は日本人であることを強く誇りに語り(先祖代々w)

「発展」という名の理想郷の具現化を目指し

高揚して浮かれた時代を

訳も分からず過ごした人達がオレ等の世代の上に沢山いるんよ。

差別や格差、裏組織、闇社会は

過去の時代にも多く世間に蔓延っていたが

その頃はまだネットも携帯もSNSもない。

気狂い集団、個々の悪だくみ、はったり、不正、犯罪・・・。

いい意味でも悪い意味でもやりたい放題で野放しだった。

今は罰則や法律が厳しく、なんかまた生き辛くなってきた。

自分で自分の首を絞める時代がまた始まったんだよ。

昔は人情で許されたり通じることも多かった。

あの頃は許されたことが今では許されないことなんてざらだ。

で、現実。

想定外ばかりの現実だ。

歴史は破壊と創造の連続。

想定内?そんなこと絶対ありえない。

人間はひたすら欲深く、本当学ばなく繰り返すんだ。

オレは身体も壊し人間のもろさと勝手さと弱さを痛感する。

少子高齢化やグローバル化が進む中、

とにかく一日一日。オレの首の痛みはかなり進行してる。

オレももちろんこんな人生想定外。オレらにとってあの時代の教育は何だったんだろか。

今また自分を自分らしく生きる時代到来。古来からの歴史の周期みたいなもんか。

叶わぬ理想なんて掲げなくていいわ。

現実は人生甘くなく修行ってこと分かってないのよ。

オレはもう終活期間に入ったと言っても過言じゃないな。

夢を持つなんて金持ちの戯言。

視野を広げて見ーや、人間それぞれ。だろ。

いずれ老人になっても人生楽しいことなんてあらへんよ。

喫茶店や病院で爺婆が集まってくちゃくちゃだべって何がおもろいねん。

なら孤独でさっさとポックリ死んだほうが

人に迷惑かけずによっぽど大人だと思うわ。

正直言って幸せなんてもんは

歳とりゃまやかしの偶像崇拝だったって気づくことになるでしょう。

とにかく不健康でも長生きするなんて、まっぴらごめんな時代だ。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
世の中大変なこと続きですが...。
2018-09-07-Fri  CATEGORY: ダイアリー
前置きとして生きてる意味ってよく分からないが。。。

何かと悩んでる人たちへ。

人生は修行だ。

平和に最期まで生きる人なんてまずいない。

後悔すること

反省すること

同じ過ちを繰り返してしまうのも

既に決まっていた運命。

言い切ろう。

先のことをとやかく考えたり不安に思う必要はない。

誰も未来のことなんて分からないから。

とにかく今日を一日無事に生きれたことに感謝する。

ただそれだけのこと。

毎日それの連続だ。

かといって何かが起きて絶望に打ちひしがれなくてもいい。

何故ってそれも決められていた運命だから。

その時は辛いかもしれないが仕方がない。

人生修行だから。試されてるのさ。

永遠に続くものなんてこの世にない。

当たり前のことだが

それがピンとこないよね。

人の命も当然。

生きていくことは失っていくこと。

それによって何か得ていくものがあると思う。

善かれ悪かれ人間味ってヤツ。

まず頑張っていない人なんてこの世にいない。

人生観も価値観も感受性も人それぞれ。

何が正しいのかなんてない。

とにかく世の中はなるようになる。

身を任せるのみ。

あと一つだけ希望を言うとする。

どんなに追い込まれても、とにかく「ありがとう」を忘れないこと。

自分のことを見てくれている人は必ずいるから。

凡人の独り言でした。


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
結局は金。
2018-07-02-Mon  CATEGORY: ダイアリー
生きることの大変さ、社会の冷たさ厳しさを日々痛感します。
所詮世の中は金なんです。
今回自己破産は結局無理でした。
基本的に法テラスの国選弁護人は
なんらかの問題がある人や使えない人たちばかりなのが現状です。
どうせ金にならない生活保護を受けている私のことを
裁判官も弁護士も本気に相手にしようとせず適当にあしらわれるような、
バカにされてるような感覚、扱いでしたし。
金を出せればなんとかできると言っています。

そんなこと分かってるわ、アホか。
じゃなきゃ法テラスなんか利用しねえよ。

これからどう生きていくかとても不安で辛いです。
健康が第一なのはわかりますが…。
心配して下さった友人らには本当感謝してます。

あと先日ヘモグロビン不足の赤血球の病気で倒れ、
仕事終わりにまた救急車に担ぎ込まれました。
まぁ毎度のことですが。
先生によくこの数値で生きてましたねと。

血液検査、大腸検査、胃カメラでの検査…。
いろいろやりましてあとは明日の結果次第です。
個人的には以前に肺炎を何度かこじらせ
痛みで動けず救急車に運ばれたことがあったので
そちらも原因の一つであると思ってますが…?!
主治医の先生にそのことも相談してみます。
あの時も痛くても無理して仕事してたな…。

大学病院は金のない生活保護の身の私を
悪く言えば学生のかっこうの餌食、実験台になってる気がします。
ほんとに現場は明らかに全て若い学生ばかり。
何をしても痛いし、バタバタしてるし、無理を言うし、噓も言うし、
こっちの話を真剣に聞かず軽く流されることなんてしょっちゅうですから。

首の手術以降本当に身体がボロボロです。
ここまでなんとか薬と気合いで生きてきましたが
最近身体が徐々に蝕んできてるからか
あれこれ生きる状況についていくのが必死必死。
不健康、孤独、そして貧乏。
金がないと本当肩身が狭い世の中です。
まだまだ話足りないことはいろいろありますが
きりがないので今日はここまで。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2019/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 『ワーウィ・ゾーウィ』. all rights reserved.